土用の丑の日の意味を分かりやすく!うなぎの由来は?2019年はいつ?

土用の丑の日になると、多くの人がウナギを食べますよね。
私の父や母もそうでした。
そのため、土用の丑の日にうなぎを食べることが当たり前の習慣だと思っていました。
しかし、土用の丑の日の意味って知っていますか?
どうしてウナギを食べるようになったのかも気になりますよね。
そこで、土用の丑の日の意味、由来、2019年はいつが土用の丑の日なのか、ご紹介しますね。

土用の丑の日の意味を分かりやすく

土用の丑の日は、夏休み中にある大安のようなイメージ。

【土用とは?】
土用とは、中国から伝わった五行説(ごぎょうせつ)がもと
その五行説の考え方が、この世の中のすべては
木・火・土・金・水(もく、か、ど、ごん、すい)
の五行で分けられるというもの。

季節も五行に当てはめると、
春 → 木
夏 → 火
秋 → 金
冬 → 水
このように当てはまります。

ですが、お気づきになりましたか?
「土」がないことに。

土は少し意味が異なり、
季節のように5つに分けられない際は、中心を意味することが多いんです。
そのため、季節で「土」は「土用」と言い、季節の変わり目として使われています。

もう少し掘り下げていくと、
季節の始まりは、
立春・立夏・立秋・立冬と分けられ、期間がそれぞれ約90日
その約90日間を5で割ると約18日

つまり土用は、次の季節が始まる前の約18日間を意味しているんです。

余談ですが、季節の終わりの日を「節分」と言い、
その節分も、土用と同じで4回あるんです。

よって、季節も五行に分けることができますね。
「土用」のイメージは夏のような感じがしますが、
そうではなく、すべての季節にあるんですよ。
そして、各土用の初日のことを「土用の入り」と言います。

【丑の日とは?】
「丑」とは十二支の丑のこと
十二支は、年だけではなく、時間や日を表すことが可能。

例えばよく耳にするのが、「丑三つ時」や「丑の刻参り」。

このように丑を時間や日の表現として使われています。

ちなみに、立春前の夏の土用の丑の日は、
年によっては1日だけではないことも。
なぜならば、土用の丑の日は18/12で1.57回あると言いますが、
土用が18日間に対し、丑の干支は12のしか無いので、
18日間の期間で、丑の日が2回出てくることがあるんですよ。

土用の丑の日が2回ある場合、
それぞれ一の丑・二の丑と呼ばれています。

スポンサーリンク

土用の丑の日うなぎの由来

【平賀源内の説】
江戸時代、蘭学者である、平賀源内のもとに、知人のうなぎ屋から、
「暑い夏の日は、うなぎが売れなくて困ってる」
「何とかならないか?」と相談を持ち掛けられました。

当時は、「丑の日には、“う”から始まる食べ物を
食べると夏バテしない」という風習があったそう

平賀源内は、この風習を活用し、、
「本日、土用丑の日」という張り紙をし、うなぎを売り出しました。

すると、これが大当たり。うなぎが瞬く間に売れました。
そして、この方法を他のうなぎ屋も真似をしだし、
「土用丑の日はうなぎの日」という風習が広がりました。


【大田南畝(蜀山人)の説】

江戸時代、大田南畝という歌人・作家でがおりました。

大田南畝は、「神田川」といううなぎ屋に頼まれ、
「土用の丑の日に、うなぎを食べたら病気にならない」
という内容の狂歌を作り、それを宣伝したところ、
うなぎがよく売れ、大繁盛。


土用の丑の日とうなぎの関係性は、この二人の説があるんですが、
実は、平賀源内と大田南畝は知り合いだったんです

よって、お互い同じ時期にうなぎ屋に相談されていたとも考えられています。
二人は各々異なる宣伝方法を用いて、互いの成功により、
うなぎ屋と土用の丑の日の関係性が深まったのかも。

土用の丑の日2019年はいつ?

2018年(平成30年)の土用の丑は7月20日と8月1日と2回ありましたが、
2019年(平成31年)は7月27日の1日のみ

これは、この1回にうなぎを是非食べたいですよね。
あなたはどうしますか?

まとめ

土用の丑の日の意味や、うなぎとの由来はご理解いただけましたか?
難しい言葉のようですが、意味を紐解いていくと納得できますよね。
今年は、土用の丑の日が1回なので、是非うなぎを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする