山開きとは?いつなのか?前に登山するのは大丈夫なのだろうか?

7月といえば海開きや山開きが行われますよね。
海開きはよく耳にしますが、山開きはあまり知らない人も多いはず。
やはり、夏は海に行く人のほうが多いと思います。
そこで、山開きとはなんなのか等々ご紹介しますね。

山開きとは?

山開きとは、主に3つの意味があり、
1つ目は一般人の登山を禁止している霊山などで、
夏の一定期間のみ、一般人の登山を許可すること

昔から、登山は宗教的な行事とされているんですよ。

2つ目の意味は、山を切り開き新しい道を作るということ

3つ目は、江戸時代に江戸深川八幡宮別当永代寺の庭園を、
一般人に開放した日のことを意味

現在では、主にスポーツによる登山が、
年初めて開始される日として、山開きは使われているんですよ。

山開きでは、山登りの際の人々の安全を含めたおはらいをしています。
そのため、私たち一般人にとっては、とても大切なことですよね。

また、全ての山で山開きをしているのではなく、
富士山などの山岳信仰の盛んな山などで、山開きは行われています。
このような山では、山伏(やまぶし:山で修行する人)や僧侶達の修業場とされているため、
一般人は立ち入り禁止でした。
しかし、江戸中期頃、各地で山頂に祭られている神を拝むための講中登山が始まり、
山開きを行いました。
また、山開きの初日を『お山開き』といい、信仰者たちが山を祝う日とされています。

山は険しい道のりが続いているため、山開きは、山に詳しくない一般人には、
山に安全に登るためにも、大切な日となりますね。

スポンサーリンク

山開きはいつ?

山開きは山によって異なるため、有名な富士山の2019年の山開きの日をご紹介しますね。

富士山の山開きの日は、登山ルートによって異なります

山梨県の吉田ルートは、毎年7月1日が山開き。
前日に前夜祭が行われ、日付が変わったと同時に登山が可能。

一方で、静岡県の富士宮ルート・御殿場ルート・須走ルートは、
毎年7月10日が山開き。朝9時から登山が可能。

そのため、2019年の富士山の山開きは、
・山梨県の吉田ルート:7月1日(月)
・静岡県の富士宮ルート・御殿場ルート・須走ルート:7月10日(水)

となります。

山開き前に登山してもいいの?

登山は山開き前でも可能ですが、全くもっておすすめしませんよ
ちなみに、富士山は、冬期は登山不可とされています。

また、登山を禁止している山もあるので、その場合は、山開き前には登山できません。

そもそも、なぜ山開きをするのか再度考えてみて。
私たちの安全を確保するためですよね。
その安全が確保されていない山に登るとどうなるのか。

しっかり考えて行動しましょう。

まとめ

山開きは、登山時の人々の安全を守る大切な儀式。
そのため、山開きの日を確認してから、登山してもらいたいと思います。
夏は海もいいけど、山もいい!
アウトドアを楽しみましょうね。

こちらの記事も要チェック!
海開きとは?いつなのか?前に泳ぐのは大丈夫なのだろうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする