お中元の時期と意味は?金額は?選び方はどうすればいいの?

暑い季節がやってくると、お中元の時期になりますよね。
初めてお中元を贈る方もそうでないかたも、お中元の時期や意味、適した金額、物の選び方など、基本的なちょっとした疑問が出てくると思います。
そこで、この記事では、お中元を贈る場合の、基礎知識をご紹介しますね。

お中元の時期と意味

まず、お中元の時期に関しては、地域によって異なっているんですよ。
では、どのように違うのか、地域ごとに見ていきましょう。


【北海道】

北海道では、7月15日~8月15日までの一か月間
お中元を贈るには余裕があるように思えますが、他の地域から贈られてくるお中元が
7月初旬に届くこともあるかも。(近年、お中元の送付時期が早まっている傾向)
そのため、北海道の方にお中元を贈る際は、遅くても8月15日までにお中元が届くようにしたほうがいいかも。、


【東北・北陸・関東】

東北・関東は7月初旬から7月15日まで
期間が短いですよね。少し焦ります。
北陸は、地域によっては、7月初旬から7月15日までのところと、
北海道と同じく8月15日までに贈るところがあるので要注意

贈る相手の地域を確認し、いつまでにお中元が届くようにすればよいのか明確にしておく必要がありますね。


【東海・関西・中国・四国】

この地域も、お中元の到着は7月初旬から8月15日までが一般的
しかし、こ年々時期が早くなっている傾向があるので、早めの準備が無難ですよ。


【九州】

九州の場合、お中元の到着は8月初旬から8月15日までと、先ほど述べた地域と差がありますね。
しかし、期間が短いので、早めに準備したほうがよさそう。


【沖縄】

沖縄のお中元の時期は、他の地域と異なり、旧暦の7月15日まで
そのため、その年の旧暦カレンダーで、毎年いつなのかチェックする必要あり。
2019年の旧暦7月15日は8月15日。念のため、あなた自身で確認してみてくださいね。

お中元の時期は、地域によって様々ですね。
時期を間違えないためにも、まずはいつまでに送る必要があるのか、
早い段階で調べておきましょう。

次に、そもそも、お中元とはなんぞやということです。
お中元の意味と由来に関してご紹介しますね。

お中元は、中国の【三元】といわれるものの一つ。
三元とは、上元・中元・下元のことで、
それぞれ旧暦の1月15日・7月15日・10月15日に
さまざまなお祭りや行事が催されていたんです。
沖縄地方のお中元の時期は、まさに中元ですね。

また、お中元を目上の人に贈る風習は、
昔の「生盆(いきぼん)」や「生身魂(いきみたま)」という
お盆行事の名残と。
「生盆(いきぼん)」や「生身魂(いきみたま)」とは、生きている祖先=親対し、
「今生きていることを喜ぶ」「お互いの無事を祝う」というお盆行事のこと。
そこに、「盂蘭盆会(うらぼんえ)」という祖先の霊を供養する習わしも合わさって、
お中元には目上の人やお世話になった人への感謝を伝える行事として広まりました。

お中元には、深い意味があったんですね。それを知ったうえで、
お中元を贈る際は、感謝の気持ちを込めて準備しましょう。

お中元の金額

いざ、お中元を準備しようとした際に、
いくらぐらいのものを手配すればいいのか悩みませんか?

贈りものの金額は3000円~5000円くらいが一般的

凄くお世話になっている方でも1万円以内で納めましょう。
さもなければ、毎年贈るお中元が苦痛になりますよ。

では、贈る相手別に、お中元の相場を見てみましょう。


【両親や義家族などの身内】

両親や義家族、親戚などに対するお中元の相場は4000円程度。

【友人や知人などのビジネス以外の人】
習い事の先生など、日ごろお世話になっている方に対しては、3000円程度で大丈夫。
学生の場合は1500円くらいで問題ないですよ。無理をしない金額がいいですね。

【ビジネス関係】
5000円が相場。高すぎてもよくないので注意。

スポンサーリンク

【すごくお世話になっている人】
5000円~1万円でいいでしょう。毎年贈る際、無理のない値段設定をしてくださいね。

お中元の金額に関しては、「無理のない金額設定」これが大切。
あくまで日ごろの感謝を伝えるのがお中元なので、
高額でなければいけないというわけではありません。

お中元の選び方

お中元の金額がわかったら、次は何を選ぶかですよね。
ここでは、何を贈ってよいのか、また贈ってはいけないのかを詳しくみていきましょう。

【一般的なお中元】
お中元は百貨店やショッピングモールなど、あらゆる場所で購入できますまた、通販でも購入することができますので、
わざわざ探しに行く必要もないんです。それでは、一般的に取り揃えられているお中元の品物とは、どんなものがあるのでしょうか。

☆季節的な商品
アイスクリーム、水ようかん、ゼリー、そうめん、うどん、そばなど
☆スイーツ・果物
和菓子、洋菓子、桃、メロン、その他果物など
☆食品
うなぎ、肉、カニ、海鮮・水産加工物(いくら、まぐろなど)、肉加工品(ハム、ローストビーフなど)、干物、調味料など
☆飲料
アルコール、ジュース、コーヒー、お茶など
☆生活用品
洗剤、タオル、日用品、カタログギフトなど

このように、お中元には選択肢がたくさんあるんです。そのため、選ぶ大変さが・・・。
では、選ぶコツはなんなのでしょうか。

それは「相手の好みに合わせる」こと。
お中元は「日頃お世話になっている方へ感謝の気持ちを伝える」ための贈り物。したがって、相手が喜ぶものを贈るのが一番。
例えば、和菓子の好きな方であれば季節を感じさせる「水ようかん」、晩酌を楽しむ方であれば「ビール」など。
相手が受け取って「嬉しい」と思ってもらえるものを選んでくださいね。
しかし、相手の好みが分かればいいのですが、リサーチできない場合もありますよね。
その場合は、日持ちするものを選んだり、環境を考えて選ぶといいですよ。
例えば乾麺や調味料、お茶やコーヒーなどは日持ちし、
消費が少ない方でも消費期限をあまり気にすることがないので安心ですよね。
また、相手にお子様やお孫様がいらっしゃる場合は、
ジュースの詰め合わせでも喜ばれるかも。
どうしても分からない場合は、無難な洗剤やタオルなど、
誰でも使う日用品を贈ると嬉しいものですよ。

では、逆に贈ってはいけないものはなんなのでしょうか。

・刃物
「縁を切る」という意味
・履物
「踏みつける」という意味
・下着、肌着
「貧乏人への施しもの」と捉えられてしまいます
・筆記用具、時計
「一生懸命働きなさい」という意味
・ハンカチ
「手切れ」を意味する
・現金、商品券
「金品を恵んでやる」と捉えられ、目上の方には大変失礼

上記のものはできるだけ避けるましょう。
なかには、親しい間柄で商品券を贈ったりもしますが、目上の方には避けるべき
「非常識」と思われてしまうかもしれませんよ。

では、相手が自由に選ぶことのできる、現金・商品券以外に何か代用できるものはないのでしょうか。

それがあるんです。何かというと、「カタログギフト」。
カタログギフトでも商品価格別のコースが色々あり、選べる商品のグレードが異なります。
そのため、相手に好きなものを選んでもらえるという点が好評で、最近はカタログギフトを贈る方も増えてきています。

是非、お中元の選び方の参考にしてみてくださいね。

まとめ

お中元に関する基礎知識はご理解いただけましたか?
お中元の準備には、事前のリサーチが大切。
相手に感謝の気持ちを伝えるわけですから、失礼のないようにしましょうね。

こちらの記事も要チェック!
残暑見舞いの時期はいつまで?はがきはどこに売ってる?例文は?
暑中見舞いの返事はビジネスに必要?マナーは?文例を教えて!
幼稚園の先生に暑中見舞いの返事は?時期は?宛名はどうする?
暑中見舞いビジネスで出す際の時期はいつ?はがきは?例文を教えて!
結婚報告をはがきで暑中見舞いにて知らせる?写真は?文例をご紹介
暑中見舞いのはがきはどこで売ってる?出す時期は?文例の一般的な書き方は?
暑中見舞い喪中の場合のマナーは?時期はいつ?文例を教えて!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする